映画もいいけどたまには生の舞台を見るのも良い

お芝居をたまに見に行きます。大きいものから小さいものまで。一番豪華で凄かったなと思ったのは、蜷川幸雄さん演出の、海辺のカフカでした。主演は宮沢りえさんです!セットが豪華だったり、キャストが豪華だったり、何もかもが豪華。もちろん、演技は素晴らしいし。
原作は、村上春樹さんの、海辺のカフカ。
これ、どうやって、生で見せるの?というようなシーンがたくさんあるのですが、その豪華さで見事に魅せてくれました。
謎の、原作で生きた魚が降ってくるシーンがあるのですが、ほんとに降ってきました。舞台では生きた魚ではないと思うんですが。
あと、水槽に入った宮沢りえさんが動いていくのです、それが一番印象的なシーンでした。目で見て楽しい感じです。
主演の男の子。知らない役者さんなのですが、上手でした。蜷川幸雄さんが見つけてきた子なのかなあ。藤原竜也さんみたいになっていくのかなあなんて思いました。
あとは、小さい舞台もたまにみるのですが、それは良かったり悪かったりです。でも、なんでも見るのは楽しいです。http://www.sepfi.org/