もやしはコストパフォーマンスに優れた万能食材

もやしは手頃な値段で手に入れやすく、様々な料理に適した万能食材なので、普段からよく利用すると思います。

もやしのカロリーは、100g当たり14kal、1袋に相当する243g当たりだと34kcalなので、比較的低カロリーの食材と言えます。
また、もやしには免疫力を向上させ成長ホルモンの機能の維持に働きかける「亜鉛」、骨や歯を強くする「カルシウム」、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンを生成する時に必要な「銅」などのミネラル成分が豊富に含まれています。

もやしはシャキシャキとした食感が特徴ですが、実はそのシャキシャキ感がもやしの美味しさの要因なのです。
しっかりと炒めたり、煮込んだりして、しなりと軟らかくなったもやしが好きな方もいると思いますが、熱を加え過ぎてシャキシャキ感が損なわれると、もやしが本来持つ美味しさや栄養素が失われてしまいます。
そのため、もやしを加熱調理する際は、少々生っぽさが残る程度で火を止め、余熱を利用することでシャキシャキ感が残った仕上がりになりますよ。

もやしは、和え物や炒め物、ラーメンや焼きそばの具材など、使用範囲が広い上に、コストパフォーマンスに優れた庶民の味方です。全身脱毛 サロン ランキング